第49回米子がいな祭り 3年ぶり米子駅前通りで8月20㈯、 21日㈰開催予定!

開催規模や内容、感染防止対策などの詳細は決定次第お知らせします!

最新情報

6月29

8月21日(日) 花火大会開催!

祭りのフィナーレを飾る約5000発の花火

米子がいな祭振興会などは23日、8月20,21両日に米子市で開催する同祭で、

3年ぶりとなる花火大会を21日に米子港で開催すると発表した。

 観覧については、招待観覧席(有料)と障害者専用の「こころのやさしさスペース」(無料)を設けるほか、一般の人も観覧できる。

ただし、スマートフォン向け接触確認アプリ「COCOA(ココア)」または「とっとり新型コロナ対策安心登録システム」への登録が必要となる。

 湊山公園で予定している出店は、花火大会が始まるまでに終了する。また、アルコール類の販売は禁止する。花火大会の開始時間は未定。

 同祭企画実行本部の安井徹男本部長は「ずっと花火大会が実施できなかったが、今回はしっかり対策を取ったうえで楽しんでもらえれば」と話した。


記事:日本海新聞より抜粋

6月17日

第49回米子がいな祭Tシャツの販売が始まっております。

6月14日

がいな祭でお手伝いいただけるボランティアの募集を行っています。

6月8日

がいな祭で踊ってみよう! よさこい華dan参加者募集の案内が出ました。

6月8日

5月22日(日)に天満屋1Fしんまち広場にて、第49回米子がいな祭のPRイベントが開催されました。

5月6日

市内でことしの米子がいな祭りの開催に向けた事務所開きが行われ、伊木隆司市長らが入口に看板を掲げました。

ことしのテーマを「燃やせ 米子の灯(ひ) 紡げ 伝統の灯(あかり)」とすることが発表されました。

また、米子がいな祭りオリジナルTシャツのお披露目も発表されました。

「米子がいな祭企画実行本部」の安井徹男本部長は

「コロナ対策をしっかりして、安全・安心の祭りにしたい。

米子駅前に、みなさんの笑顔がもどってほしい」と話していました。

5月4日

米子がいな祭振興会(会長・伊木隆司米子市長)は4日、今夏の「第49回米子がいな祭」を8月20、21両日に開催すると発表した。

3年ぶりにJR米子駅前通りで開き、米子がいな万灯も復活する方針。新型コロナウイルスの感染状況によっては会場変更と入場制限を検討する。

Twitter

Twitterはこちらをクリック

 twitter.com/gainamatsuko

Facebook

Facebookはこちらをクリック

 www.facebook.com/gainamaturi/

Instagram

Instagramはこちらをクリック

www.instagram.com/yonagogainamatsuri/